FC2ブログ

TOP

2008.10.30 『ミルク』
寝てるミルク
たまぽちが来る前にいた「ミルク」です。
17年前、母の知り合いの会社の前でさまよってた子猫が家に連れてこられました。

そんなミルクの様子に変化が見え始めたのは、去年の寒くなり始めた11月頃、
老猫だけど、それまで病気もせずに元気でいたのに、
突然、食欲が無くなり、一気に痩せてしまいました。

数件の病院を周り、色々と治療をしたのですが、今年の6月15日に亡くなりました。
最後の数日は本当に苦しそうで、なくなる前日の夜に私は
「明日が最後かも」って、本当にそう思い、次の日は出掛けるのをやめました。
だから、ミルクを天国に見送る事ができました。

逝く瞬間、私だけ聞いた「ギャ!」ってものすごく大きな泣き声。
ずっとひなたぼっこをしてたけど、その瞬間は家の外壁に立て掛けている
すだれの下にいて、その大きな泣き声で気が付きました。
最後に「ここだよ!」って伝えたかったのかなぁ。

MILK2.jpg
陽が良くあたるここに、よく座って外を眺めてました。

DSC_6832.jpg
とっても温厚な性格の男の子でした。

DSC_7137.jpg
亡くなる2時間前。
少しだけご飯も食べたし、前日歩けなかったのが嘘のようで、暖かくなったら元気になるかもって
思った瞬間でした。でも、毛並みはボロボロになってしまった。。。

2008 ミルクと別れ 001
亡くなって直ぐ、みんながお線香を上げに駆けつけてくれました。

2008 ミルクと別れ 009
ミルクより後に生まれ、ずっと一緒だった甥は大泣きでした。
この次の日、火葬を行い、納骨はせずに今は家にいます。

この件で、一つの病院で完結するのはやめようって思いました。
「セカンド・オピニオン」ってやつですかね。
おそらく、最初の病院の治療方法で進めていたら
ミルクは年越しがやっとだったと思います。余命1、2ヶ月と言われたし…
そんな事を言われながら、ミルクはよくがんばりました!

← ぽちぽちっと!
コメント(0) | page top↑
<<今朝のたまぽち | ホーム | 初めてのお祝い>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://310tamapochi.blog77.fc2.com/tb.php/25-5537fff1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |